育毛剤と発毛剤の違いって一体どこにあるの?


育毛剤は今ある毛を成長させる

育毛剤は今ある毛を太く成長させる効果を期待したもので、発毛効果に関しては根拠が乏しかったり効果がマイルドなものが多いです。

というのも、育毛剤は基本的に医薬部外品に分類されている商品です。文字通り育毛効果はありますが、発毛に関してはあくまでも補助的な作用しか期待できないとされています。すなわち、育毛剤は発毛促進までしか謳えないということになるのです。

発毛効果が認められているのは発毛剤

発毛剤として売られている商品は医学的に発毛効果が認められている成分が入っているものになります。発毛効果とは髪の毛を作り出す毛母細胞に直接働きかけることで新しい毛を生やすということになりますので、発毛剤は新たに髪の毛を生やす効果が期待できる商品ということになります。

育毛剤と比べて効果が高い分、比例する形で副作用のリスクも育毛剤よりも高くなり、多毛症や動悸などといった副作用が生じやすいです。

正しく選んで正しく使う

育毛剤と発毛剤は似ているものですが、効果に関しては違いがあるものです。今は薄毛に悩まされていないけど将来的な薄毛の予防や、今ある髪の毛をより健康的にしたいという場合には育毛剤を選び、今現在薄毛に悩んでいるという人は新たに髪の毛を生やしてくれる発毛剤を利用するということが大切になってきます。

また、頭皮に直接塗布するタイプのものは一度に大量に塗ったからといって効果が早く出るというものではありません。用法や用量を守って継続して使用していくということが大切なのです。

アデランスは、総合毛髪企業のトップメーカーです。男性用のかつらだけではなく、女性用のウィッグやスカルプケアにも力を入れています。抗がん剤治療で毛髪が抜けた子どもに医療用ウィッグの無償提供をしています。