増毛と発毛と育毛はどう違う?まずはその違いを知ろう


すぐに髪を増やしたいなら

髪を増やす方法としては、増毛、さらに発毛や育毛という言葉が良く使われています。

すぐに髪を増やすのであれば、やはり増毛ということとなります。これは本物の髪が増えるのではなく、今生えている髪の毛に人工毛をプラスして髪のボリュームアップを目指す方法です。すぐに効果が実感できますし、かつらのように取り外す必要はありません。

とはいえ、自毛が伸びると浮き上がってきますし、脱落してしまった人工毛は生えてくることはありませんので、定期的なメンテナンスが必要です。ヘアカットも専用のサロンに行く必要があることは理解しておきましょう。

すぐに髪が増えるのがメリットですが、アフターケアに手間とお金が掛かるということは理解しておきたいところです。

今ある髪をより元気に育てる

育毛という言葉も良く利用されていますが、これは今ある髪をより元気に育てるという意味となっています。健康な髪を育てるためには頭皮の環境が良いことが大事です。合わないシャンプーも頭皮の質を悪くすることにつながりますので、洗髪してもかゆい、フケが出るという場合は選び直すこともおすすめです。

育毛剤も頭皮の血行を促進し、かゆみやフケを防ぐのに役立ちます。抜け毛や薄毛を防ぐためにも、しっかりとケアを行いましょう。

医療機関による治療も考える

発毛は脱毛状態になった頭皮から髪を再び生えさせることを目的としています。発毛は自己流の努力だけでは難しいこともあり、医療機関での治療が効果的です。初期の脱毛であれば薬を使った治療で良い改善が期待できますし、それだけで良い結果が得られない場合はHARG療法などが試されることもあります。本物の髪を復活させたいという人は発毛を考えていきたいところです。

リーブ21とは頭髪の発毛に関するサービスを行っている大阪の会社で、多くの有名人がCMに出演した実績があります。