即効性を期待するなら!美容医療での改善も考えよう


紫外線対策をきちんと行おう

肌の老化で特にわかりやすいものにシミがあげられます。子供の頃は無防備に日焼けをしていても、シミのないきれいな肌が保てますが、大人になるとターンオーバーの機能も低下していきますので、シミができやすく、しかも一度できてしまうと完全に消すのは難しいものがあります。

それゆえ、まずはシミを作らないことが大切ですので、紫外線対策はきちんと行いましょう。

さらに女性ホルモンの変化や間違ったスキンケアもシミを増やしてしまうことにつながりますので、こちらも注意したいところです。

顔を洗い過ぎたり、肌をこすり過ぎることも肌の刺激となり、シミを増やすことになりますので、余計な力を入れず優しく丁寧なケアが大事です。

医療機関で行われている治療方法

シミ対策で自宅で行える方法では、サプリメントの利用や美白コスメによるお手入れが一般的です。とはいえ、美白化粧品もこれからできるシミを予防するもので、今できているものにはあまり効果が期待できないものもあります。

自己流のケアで良い改善が得られない場合は医療機関の治療も取り入れてみましょう。医療機関ではより強力な効果が期待できる塗り薬や飲み薬が用意されていますし、レーザー治療なら即効性も期待できます。

シミにも紫外線によるもの、肝斑、そばかすなど様々なタイプがあり、それぞれ向いている治療は違ってきます。

まずは、どのようなタイプのシミなのかを医師に見極めてもらい、症状に合った治療を選びましょう。レーザー照射後は肌もいつもよりデリケートとなっていますので、アフターケアも丁寧に行うことが大事です。

シミという言葉の意味は2種類あり、衣類に色素が付着するものと、紫外線を浴びる事によって出来る、皮膚の疾患のものがあります。